HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定 > 陶器の骨董品を高価買取してもらうためのポイントとは

どうやって手放すべき?

どうやって手放すべき?
自宅に不要な陶器がある場合、どのように処分するべきか迷うものです。
いつか使うと思って保管しているつもりでも、何年もそのままになっている人も多いです。
使わない陶器をいつまでも自宅に置いておくわけにもいかず、いずれ捨てなければいけませんが、ゴミとして処分するのはもったいないです。
中には珍しく高額で売却できるものが含まれているかもしれません。
リサイクルショップや不用品回収業者に引き取ってもらうと、骨董品の価値がわからない人が査定した場合には、損をする可能性があります。
そこでおすすめなのは、骨董品を専門に扱う店舗で買取してもらうことです。
資格を持っている人や専門知識のある人が査定をするため、正確な価値を判断してもらえます。
高額買取のポイントを知り、骨董品屋に持ち込んでみてはいかがでしょうか。

おさえておきたい5つのポイント

おさえておきたい5つのポイント
陶器はマニアの人も多く、コレクションが趣味という人もいます。
美術品としても人気があるため、高値で取引されるケースも少なくありません。
ポイントを押さえておくと、さらに高値での取引を目指せる可能性があります。
高価買取のポイントは5つです。
一つ目は作家物であることです。
これは有名な作家が作った作品のことで、希少価値の高さによって査定額が変わります。
例えば、板谷波山や加藤卓男、原清、富本憲吉、鈴木藏などです。
他にも有名作家がたくさんいるため、確認してみてください。
二つ目は産地と時代です。
陶器の中でも茶碗は産地と時代が重要になり、古いものほど高価になる傾向にあります。
三つ目は細工の出来栄えです。
染付や上絵、象嵌は芸術的価値を左右すると言われており、出来栄えが良いものは鑑定にも大きな影響を与えます。
四つ目は状態の良さです。
どんなに珍しいものでも状態が悪いとマイナスになります。
ヒビを直すなど無理に修復すると、さらに悪化する可能性があるため、簡単なお手入れにとどめておきましょう。
埃を柔らかい布で取り除くなど、簡単なお掃除で問題ありません。
それだけで印象が大幅にアップします。
最後のポイントは付属品も一緒に持ち込むことです。
箱や略歴が書かれた栞、布なども探してみてください。
セットになっているものも一緒に持っていきましょう。
この5つの点をおさえておくと高価で取引できるはずです。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ