HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定 > 生前整理で出てきた薬箪笥は骨董品屋へ

魅力的な薬箪笥


生前整理では、現代ではなかなか見かけないアンティークな家具や小物が見つかります。
例えば、和箪笥の一つである薬箪笥です。
薬箪笥とは、小さな引き出しがたくさんあるタンスのことで、医師や薬屋が漢方薬を収納しておくのに使用していました。
昔、医師だった人や、両親からアンティークな家具を受け継いできた人は、生前整理で薬箪笥が見つかるかもしれません。
中国から伝わってきた家具ですが、当時は医師が使い勝手の良いように特注していた薬箪笥があるため、世の中に一つしかない薬箪笥も存在する魅力的な箪笥です。
西洋文化が入ってきた時代では、和箪笥を生活の家具として使用することが少なくなり、生産自体もされなくなってきました。
しかし、現在では漢方薬を収納するためのタンスとしてではなく、インテリアとしての人気があります。
現代にはないデザイン性やシルエットが、味のある家具として魅力を感じる人が多いのです。
また、歴史的な価値や芸術的な工芸品として付加価値があり人気も高まっています。
手放したくないという人もいるかもしれませんが、生前整理でみつかった薬箪笥は価値のわかる骨董品屋に鑑定してもらってみてはいかがでしょうか。
自分でもわからなかった真価を知ることができるでしょう。

生前整理でみつかった和箪笥は骨董品屋に


薬箪笥の素材は、伸び縮みが少なく触り心地も良い桐材が一般的です。
水分を吸いにくい特徴があり、湿気が発生してはならない薬の保管に最適なタンスになります。
家の家具として使用するものもあれば、往診用につくられた持ち運び可能な小さな薬箪笥もあるでしょう。
薬箪笥も時代によって形が変化しています。
明治から大正時代に使用されているものでは、上段がガラス棚になっており、下段が薬箪笥になっている便利な形になっているものもあります。
また、大きさやデザインに重圧感があるものが多いです。
和箪笥は薬箪笥だけはありません。
生前整理で衣装箪笥や階段箪笥、薬箪笥などの和箪笥がみつかった場合は、骨董品屋で鑑定してもらいましょう。
オークションではわからない正しい価値を査定してもらうことができます。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ