HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定 > 生前整理で出てきた古銭は骨董品屋へ

生前整理で古銭が見つかったときは


生前整理ではたくさんの品物が出てきますが、残しておいても家族が処分するときに苦労をかけてしまうことがあるため、家族のためにも自分のためにも生前整理を行う人が多いです。
骨董品が好きな人は、生前整理で古銭が出てくることがあります。
古銭とは、現在では使われていない通貨のことです。
過去に通貨として使われていた貨幣や紙幣のことを古銭と言いますが、何かの記念としてつくられた記念硬貨も古銭に含まれます。
古銭は、当時使われていた通貨価格よりも高い価格で取引されることがあるため、生前整理で古銭がでてきたときは、骨董品の専門店に鑑定してもらうといいでしょう。
古銭の価値は、古銭に記されている年数によって異なります。
年数がわかれば、その年に製造された枚数がわかるため、少ない年につくられた古銭であるほど、価値が高まり、取引価格の高くなるのです。
また、年数だけでなく古銭の状態も取引価格に影響を与えます。
少ない年数につくられた古銭だったり、プレミアがつくほど希少価値のたかい古銭であっても、保存状態が悪く、欠けていたり、錆びていて文字が読めない古銭は価値が低くなるため、注意しましょう。
また、生前整理で汚れた古銭がでてきた場合は、できるかぎり綺麗にしておくことをおすすめします。
汚れているまま放置をすると、その汚れが原因でさらに劣化させてしまうでしょう。

古銭の種類


古銭には主に2つの種類があります。
日本の古銭といえば、寛永通宝です。
江戸時代につくられた通貨で、時代劇などでもよく見かけるため、知っている人も多いのではないでしょうか。
価値が低い寛永通宝は数百円、価値が高い寛永通宝であれば数十万円を超えることがあります。
年代によって価値が異なるため、骨董品の専門店で価値を判断してもらいましょう。
もう1つの種類は、日本で初めて西洋の印刷技術でつくられた明治通宝です。
貨幣ではなく、紙幣となっており価値が低いものでも数千円、未使用や保存状態が良い明治通宝であれば百万円以上の価格がつくと言われています。
古銭の中でも最も価値が高く、高価取引されているため、生前整理でみつかった場合は綺麗な状態を保ち、骨董品の専門店に持って行きましょう。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ