HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定 > 中国の骨董品の特徴と高値で売れるポイントとは

中国骨董品を手放す際は

中国骨董品を手放す際は
中国の骨董品を集めるのが趣味だという人もいるのではないでしょうか。
しかし、これまで大切にコレクションしてきたものを手放さなければならなくなるケースもあります。
例えば、生前整理や遺品整理の時です。
単に燃えるゴミ、燃えないゴミ、粗大ゴミで捨てることもできますが、大切にしてきたものをゴミとして扱いたくないでしょう。
その際は、骨董品店で査定してもらい、引き取ってもらうといいかもしれません。
リサイクルショップでも売ることができますが、価値のわかる人に引き取ってもらうのが一番です。
古い時代に作られたものが、近年、日本で高値買取の実績を生み出しているため、査定に出す前に、特徴や高値で売れるポイントを知っておくことが大切です。

確認すべき点

確認すべき点
2007年に海外への持ち出し基準が改定され、20年以上前に輸入されたものはこれまでの数倍にも及ぶ金額で取引されています。
しかし、中国で作られたコピー品が出回っているのも現状です。
中国国内にあるものの大半が贋作だとされており、それが日本にまで広がっている可能性があります。
日本国内の方が贋作が出回っていることは考えにくいですが、それを査定に出しても高値がつくことはありません。
高額で売るためのポイントは、購入時期、作家、品目ごとの特徴、付属品の有無の4つです。
当時の価格以上になると言われているため、売却時には購入した時期をしっかり伝えましょう。
遺品整理で見つかった場合は祖父母や両親がコレクションしていた時期を説明してください。
作家名は鑑定士が相場を調べる上で大事な判断材料になります。
刻印やサインがないと判断がしにくいですが、情報収集することがポイントです。
品目ごとの特徴は、絵画、掛軸、陶磁器などの種類です。
どの種類かによって相場が異なります。
付属品があれば必ず一緒に持って行きましょう。
箱や包装紙、鑑定書などです。
これがあるだけでも価格が大きく異なります。
2020年には東京オリンピックが開催され、外国人観光客も増えます。
それに伴い、骨董品の人気も盛り上がるでしょう。
手放したいものがあれば、一度鑑定を依頼してみてはいかがでしょうか。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ