HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定 > 生前整理で出てきた茶杓は骨董品屋へ

生前整理で出てきた茶杓

生前整理で出てきた茶杓
茶杓という言葉をあまり聞いたことがないという人もいるでしょう。
茶杓は、お茶を茶碗に入れるための匙のことであり、茶道具を取り扱う人にとっては馴染みのあるものです。
元々茶杓は、中国から伝わり、薬匙として使われていました。
それと抹茶を取るのに適していると言われて、茶道で使われるようになったと言われているのです。
一般的に使う茶杓は数百円で購入することができますが、骨董品となるくらい価値のあるもの場合は、数万円から数十万円という値段になることもあります。
茶杓の一般的な素材と言うと竹になりますが、竹の中でも晒竹、白竹、煤竹、実竹などの種類があり、それだけではなく、桜の木や象牙など様々な素材が使われています。
しかし、茶杓は保存されていないものも多いです。
その理由は、以前は一回一回の茶会毎に茶杓が作られていたため、保存する習慣がありませんでした。
そのため、数が少なく、高い価値がつくことも珍しくありません。
表千家や裏千家、武者小路千家をはじめとした有名な茶人が作ったものや、江戸千家などの茶杓は、専門の骨董品店にて高価格で取引されています。

茶杓の買取について

茶杓の買取について
生前整理の茶道具に関しては、骨董品を幅広く取り扱う専門店に買い取り依頼をすることをおすすめします。
確かな鑑定力を持っている茶道具を取り扱う骨董品買い取り店にて査定してもらうことで、納得のいく取引をすることができるのです。
また、骨董品店に査定を依頼する際には、生前整理にて見つかった茶杓だけではなく、それを入れていた筒や箱なども大切に保存しましょう。
筒や箱に入ったまま保存された茶杓は、共筒と言われ、それだけで価値のあるものです。
しかし、一方で筒や箱がない時代に作られて保存された茶杓もそれだけ歴史があり、価値のあるものということになります。
そのため、古くなった茶道具の中に茶杓が残っている場合は、骨董品屋に買取を依頼するのが良いでしょう。
生前整理で茶杓が出てきた場合は、古美術天宝堂にご相談ください。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ