HOME > お茶道具、仏教美術、作家物、様々な美術品・骨董品についての基本情報 > 東山魁夷について

骨董品としての魅力

東山魁夷は本名を東山新吉といい、1908年7月8日生まれで1999年5月6日に没した日本の画家であり、著述家です。
昭和を代表する日本画家のひとりで、文化勲章受章者でもあります。
さらには、千葉県市川市名誉市民にもなっている著名画家です。
実家は船具商を営んでおり、横浜市に生まれて、父親の仕事の関係で後に神戸西出町に転居します。
兵庫県立第二神戸中学校(現兵庫高校)に在学中から画家を志して、やがて東京美術学校(現在の東京芸術大学)日本画科へ進学しました。
結城素明に師事し、在学中の1929年第10回帝展に「山国の秋」を初出品して初入選を果たしたのです。
美術学校を卒業後、ドイツのベルリン大学(現フンボルト大学)に留学、1940年には日本画家の川﨑小虎の娘すみと結婚しました。
現代日本で、それほど絵画に造詣が深くない人からも名前が知られているので、骨董品としての価値も高く、買取価格は、ずば抜けて高いです。
そして、需要が高いのも特徴で、積極的に買取が行われています。

高額買取の理由とは

東山魁夷といえば、絵画に興味をそれほど持っていない人でも名前を知るほど有名です。
2008年に生誕100周年を迎えて、その時の盛り上がり方は尋常ではないものがあったのは記憶に新しいでしょう。
日本人の心をつかんで離さない理由のひとつが、静謐な風景画で、見れば芸術に対する真摯な姿勢を強く感じさせてきます。
そして、東山自身の環境や苦痛の中でも確かな生き方を求め、率直に歩んできた姿に心を打たれるのです。
そういった意味で、絵画の需要が高くなるのは当然で、知れば知るほど魅入られていき、彼の作品が欲しくなっていきます。
また芸術性が高い、需要があるということは骨董品として資産価値があるということです。
絵画というのは、ただ資産としての意味だけではなく、見て楽しめるものでもあり、そこからさらに需要が高まり買取も活発に行われていきます。
ただ骨董品というのは、大切に保管しなければいけなく、価格はすべてではありませんが、正しい価値がつくのも当然で求めに応じて値は高くなっていきます。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ