茶の湯の一徳

2014/2/28 17:47

ある日の事、豊臣秀吉が、黒田考高(如水)を茶事に招いた。考高は、まだ茶の湯を習っていなかったので、非常に困ったが、主命は辞退しがたく、しぶしぶ、祇候して茶室に入ったところが、他に相客もなく、また、秀吉もさらに茶を点てる様子も無く、専ら軍議をこらして、数刻にわたった。すると、秀吉が微笑していうには、

『これが、茶の湯の一徳というものである。この秀吉が、もし、茶室以外の場所で貴殿と対座し、密談を交わしたならば、人は必ずあやしみ、憶測をたくましくするであろう』と。

そこで黒田考高も破顔一笑し、深く秀吉の言葉に感動し、それ以来、茶の湯の稽古にはげんだということである。                                   [黒田家譜]

この逸話に出てくる秀吉の軍議というのは、天正十八年(1590年)の小田原討伐の軍議であったという。

茶の湯は当時、そのような実利性、社交性をも有していたのである。

[茶道の逸話]

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ