上村松園(うえむら しょうえん)の買取

2015/4/21 13:24

上村松園は、明治時代から昭和にかけて、活躍した、女流画家です。女性ならではの視点で捉えられた「美人」画は、気品に溢れております。男性が描く美人画が「色香」であるならば、松園の描く美人画は、美そのもの、内面的な美しささえ表現しているのではと感じます。また、松園は次のような言葉も残しております。

『一点の卑俗なところもなく、清澄な感じのする香高い珠玉のような絵』

『真・善・美の極致に達した本格的な美人画』

松園の女性に対する、美人画に対する想いが伝わってきます。

1948年(昭和23年)女性として初めて文化勲章を受賞。

子の上村松篁、孫の上村淳之と三代続く日本画家である。

上村松園 年譜

  • 1875年(明治8年) – 京都の下京区四条通御幸町の葉茶屋「ちきり屋」の次女として生まれる。
  • 1887年(明治20年) – 京都府画学校(現:京都市立芸術大学)に入学、四条派の鈴木松年に師事。
  • 1890年(明治23年) – 第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品、一等褒状受賞(この絵を、来日中のヴィクトリア女王の三男アーサー王子が購入し話題となった)。
  • 1893年(明治26年) – 幸野楳嶺に師事。火事のため高倉蛸薬師に転居。市村水香に漢学を学び始める。
  • 1895年(明治28年) – 楳嶺の死去にともない、竹内栖鳳に師事。
  • 1902年(明治35年) – 長男・信太郎(松篁)が誕生。
  • 1944年(昭和19年)7月1日 – 帝室技芸員(人間国宝)に任命される
  • 1948年(昭和23年) – 文化勲章受章(女性として初)。
  • 1949年(昭和24年) – 死去。従四位に叙される。享年74。法名は、寿慶院釋尼松園。

古美術 天宝堂では、上村松園の作品の買取を行っております、お気軽にご相談下さい。

松園1'松園2'

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ