不蔵庵 龍渓 (ふぞうあん りゅうけい) その2

2014/4/28 14:06

千利休の孫「宗旦」により広められた「わび茶・侘び茶」、その宗旦の 高弟「宗偏」は三河へと「茶道宗偏流」を広めてゆきます。 千利休の流れを汲む茶道「宗偏流」は利休正伝、侘び茶の心を現代に伝える 現代茶道「六流」と言われ、流祖 宗偏により始められた「茶道宗偏流」です が、再興し、多彩な活動と多くの門人を育て「茶道宗偏流」を現代へ伝えた 「不蔵庵龍渓」の功績は大きく、不蔵庵龍渓が茶道の大家と言われる由縁で、 茶道にまつわる、伝説的な人物として小学校の国語の教科書にも、その物語 が掲載されるほどの茶人、不蔵庵龍渓・洞雲十五世 透網活鱗大和尚。

不蔵庵龍渓は梅園町・誓願寺の隣に宗偏の好みに沿い不蔵庵龍渓が設計した 茶室「不蔵庵」を建てます。天保十三年永眠・中町の極楽寺には不蔵庵龍渓 の旧墓があります。(宗偏・正しくは、偏の字のイは行にんべんになります)

 

千利休の孫「宗旦」により広められた「わび茶・侘び茶」、その宗旦の 高弟「宗偏」は三河へと「茶道宗偏流」を広めてゆきます。 千利休の流れを汲む茶道「宗偏流」は利休正伝、侘び茶の心を現代に伝える 現代茶道「六流」と言われ、流祖 宗偏により始められた「茶道宗偏流」です が、再興し、多彩な活動と多くの門人を育て「茶道宗偏流」を現代へ伝えた 「不蔵庵龍渓」の功績は大きく、不蔵庵龍渓が茶道の大家と言われる由縁で、 茶道にまつわる、伝説的な人物として小学校の国語の教科書にも、その物語 が掲載されるほどの茶人、不蔵庵龍渓・洞雲十五世 透網活鱗大和尚。

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ