梶田 半古(かじた はんこ)

2014/4/14 13:17

梶田 半古(かじた はんこ、明治36251870723) – 1917423)は、明治時代から大正時代日本画家。本名は錠次郎(ていじろう)。初めは英洲と号す。二度目の妻は尾崎紅葉門下の閨秀作家北田薄氷

明治3625日(1870723日)、彫金師の梶田政晴の長男として東京下谷御徒町で生まれた。家は代々幕府の鷹匠だったが、父は彫金を業としたという。家業は弟が継ぎ、幼少から画才のあった半古は1883(明治16年)、13歳の時、浮世絵師楊洲周延の弟子・鍋田玉英について絵を学ぶ。一時、眼病により絵画修業を中断し月琴で身を立てようとするが、一年程で病は癒え再び画道に戻る。

1885(明治18年)、15歳で今度は鈴木鵞湖の子で石井柏亭鶴三の父にあたる南画家・石井鼎湖に就いたが、同年に父が亡くなったためこれを中断する。半古は家族を養うため、松尾儀助らが横浜で設立した日本の工芸品輸出会社「起立工商会社」で、工芸品の下絵を描いていた。この会社で同じく図案を描いていた菊池容斎の門人・鈴木華邨に師事、華邨から菊池容斎の木版画集『前賢故実』を紹介され、全図を暗記するほどまでに模写、独学で人物画を修得している。この成果が早くも同年の東洋絵画共進会で褒状という形で現れ、その後1891(明治24年)日本画の革新を目指す日本青年絵画協会の結成に発起人の一人として加わる。

1896(明治29年)日本青年絵画協会が日本絵画協会に発展し、また1898(明治31年)には日本美術院が創立されるに及んで、特別賛助会員となって活躍。両会連合の共進会に『春宵怨』(1902(明治35年))や、『豊年』(1903(明治36年)現在所在不明)など浪漫的な作品を発表、類型的な旧派の作風に抗して斬新な写実表現に力量を示し、新日本画の開拓に挺身した。1907(明治40年)の文展開設後は、自身の健康状態の悪化もあり、審査員に選ばれず、作品も一切出品していない。1917年(大正6年)411日より重体に陥り、弟子たちは隣の家を借り、垣根を取り払って看病に努めたという。しかしその甲斐なく、423日肺患により死去。享年48。墓所は巣鴨染井霊園にあり、傍らには弟子の小林古径の筆になる「梶田半古先生之碑」が立っている。

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ