茶筅を倒した天下一の手前

2014/2/28 18:38

利休がある日、宇治の上林竹庵からの茶事の招きに応じ、数人の門弟を同伴し、その居庵を訪れた。竹庵はたいそう喜び、さっそく、利休たちを茶室に通し、みずから茶を点てて、客にすすめたが、あまり緊張したためか、手元が震え、茶杓が棗の上から滑り落ちたり、茶筅が倒れたり、さんざんな不手際を演じた、利休の門弟たちは、たがいに袖をひきあい、腹の中で冷笑していた。しかし、茶事がすすむと、正客の利休が、

『今日のお亭主のお手前は天下一でござる』

と、言って賞賛した。

そこで帰り道、門弟の一人が利休に向かい、

「あのような無様な手前をなぜ天下一といってお褒めになされたか」

と、聞くと、利休が答えるには、

『竹庵は、この利休に手前を見せようと思って、われらを招いたのではない。ただ、一服の茶を振舞おうとして招いたのである。それゆえ、湯の冷めぬうちにと思い、怪我、あやまちも、心に留めず、ただ一心に茶を点てた、その気持ちに感心したのである』と。               [喫茶余録]

茶事には真心が必要である。どのような名器が使われようと、また、どんなに点前が見事であろうとも、真心のかよわない茶事は、単なる行事に過ぎない。

利休はそんな茶事には招かれたくなかったらしい。

[茶道の逸話]

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ