客の好む物を聞いて出す

2014/2/28 18:35

伊達政宗は、江戸にいるときは、いうまでもないが、国もとの仙台で下の人々にお茶をくだされるときにも、前日から掃除、道具万端の用意を家臣に仰せつけられ、夜の内から寝所を出て、装束を、料理をと、命じられた。(以下、料理に関する文献、命期集から)そうして、あるときの仰せには、

『かりそめにも、人に振舞うとならば、料理第一のことである。なんであっても、主人が勝手に入りもせず、粗末な料理など出して、さしあたり、虫気(腹痛)でもあったならば、その心配は大変なものである。そんなことならば、客を呼ばぬにも劣る。昔は、たれびとを招くにも、その人の好む物を聞き、嫌いな物をよけて、料理をしたから、気楽だった。ところが、近頃は、そのような考えがなくなってしまったので、なんとも不安である。人は、身分の高下によらず、客を馳走するために、いろいろな物を沢山添え、目の前の料理か、又は、亭主みずから料理して、盛り物ならば、そのまま、座敷へ持ち出す。これは一種の取成しといってよい。珍しい物をいろいろ出すよりも、はるかにましである。第一、すずやかに、物事をきれいにするのが、何よりもご馳走である。さまざまの物を百種も千種も取り揃え、三度も振舞うよりも、なんとも目にたたぬ物を、一種か二種ずつで、季節に合っているのがよい』

と、物語ったということである。

[命期集]

伊達政宗は、茶の湯を古田織部に学んだといわれる。政宗が織部に茶事を依頼した手紙もあるし、織部が政宗にだした返事もある。「命期集」というのは、晩年の政宗に関する逸話を集めた書物であるが、茶道に関することは比較的少ない。これは、振る舞い料理に関する逸話として、珍しい。やはり、心のこもった、軽い料理をよしとしている。

[茶道の逸話]

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ