人の余りかすを飲ますのは

2014/2/28 18:29

秀吉が、伏見で家康と前田利家とを誘って、京都の聚楽方面を遊覧したことがある、その帰途、家康の屋敷に立ち寄ったが、美食をしたあとであったから、

『お茶だけをさしあげよう』

と、いって、家康が自分で葉茶壷の口を切って、茶坊主の朱斎という者に茶を挽かせたところが、葉が少なくなっているので、そのわけを問うと、「水野監物殿が飲んでしまわれた」とこたえた。そこで家康は、また、別の葉茶壷の口を切って、茶を挽かせたのである。すると家康の家来の加賀爪隼人が言うには、「今から挽かせられたのでは、遅くなりましょうから、初めに挽かれたお茶をお持ちになされたほうがよろしゅうございましょう。お茶は減っていますが、太閤様にさしあげるには、事たりましょう」と、いった。そこで家康がいうには、

『お前は、わしの口まねさえするというのに、このようなことに心得がないのか。たとえ、茶を出すのが遅くなって、太閤様が御不興におぼしめしても、人の飲んだ余りかすをさしあげる道理があろうか。そのような志では、お前の奉公もたかが知れている』

と、いって、戒めたということである。                      [明良洪範]

これは、家康の律儀な一面を物語る逸話であるが、おのずから茶の湯の作法にも叶ったところが、さすがと、考えさせられる。茶道は、日常茶飯の生活の中に存する。

[茶道の逸話]

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ メディア

専門誌掲載!!詳しくはこちら

↓買取はこちらから↓お問い合わせ.

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区日本橋1-15-3 組橋ビル1F
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ