夏は涼しく冬は暖かなように

2014/2/28 18:11

ある人が、「炉と、風炉と、夏と冬との茶事の心持についての極意を承りたい」と利休に質問したところ、利休のこたえに、

『夏はいかにも涼しいように、冬はいかにも暖かなように、炭は湯の沸くように、茶は服のよいようにつとめれば、これで秘事はつきた』

とこたえた。

そこで質問した人が、面白くない顔付きをして、「それは誰でもみな心得ていることです」というと、

利休は、

『それならば、いま教えた心に叶うようにしてみなされ。この利休がお客に参って、お弟子になってもよい』と、こたえたという。                            (南方録)

知るはたやすく、行うはしがたい。ことに茶の湯は日常茶飯の所作である。理屈よりも実行である。

茶の道を説くことは容易だが、道の通りに行うことは至難である。これは、口先の問題ではなく、心の問題である。口ではなんとでもいえる。所作の原動力は口の動きではなく、心の動きである。

茶ごころの発露は、主客の所作によって表現されるのである。  [茶道の逸話]

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ