月の隈なるむら千鳥

2014/2/28 17:57

ある時、蒲生氏郷と細川幽斎(三斎の父)の両人が、利休の所に茶に招かれた。茶事がすんで、正客の氏郷が、千鳥の香炉の拝見を所望すると、亭主の利休は、いかにも興ざめた様子で香炉を取り出し、灰をあけ、ころばして見せた。そこで、次客の幽斎が、

『清見潟の歌の心ですか』

というと、利休は気分を直し、

『いかにも、左様です』

とこたえた。氏郷はなんのことやらさっぱり、わけが分からない。

しかしこれには訳があった。「順徳院百首」のうちに、

-清見がた雲も迷わぬ浪のうへに月の隈なるむら千鳥かな-

という一首がある。その時は満月の夜会であった。窓からさしこむ涼々たる月影をめでて、折角茶事を面白く仕舞ったのに、千鳥が出てきたのでは、月がかくれる。無用の所望だと、いうのである。

[茶話指月集]

何事も興の過ぎたのはよくない。ことたらぬところに風流がある、という道理が、古書にも見える。

 

清見潟(きよみがた)とは静岡市清水区興津にあった景勝地。

一覧へ戻る

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ