HOME > お茶道具、仏教美術、作家物、様々な美術品・骨董品についての基本情報 > 生前整理で出てきた中国美術は骨董品屋へ

生前整理で見つかった中国美術品


生前整理をしていた場合、昔集めていたものが見つかることもあるでしょう。
例えば、中国美術品などは、2007年に中国文物の海外持ち出し基準により、買取価格が高騰しているので、捨てずに鑑定してもらうことをおススメします。
今では、20年以上前に日本に入ってきた中国美術品は、従来よりも数倍の高額買取が行われているようです。
しかし、中国美術は知識が必要で、買取業者に依頼してしまうと、損をしてしまう可能性があります。
生前整理で中国美術が見つかった場合、すぐに買取を依頼するのではなく、高額で買取をしてもらうためのポイントを知ったうえで、信頼できる業者に依頼しましょう。

高額買取のポイント


中国美術品は、年代が重要なポイントになります。
それは、2007年に国外の持ち出しが禁止になったため、価値がある中国美術品はそれ以前に購入した物になるからです。
年代の次に重要なことは、品物の状態で、綺麗に保存されたものほど高額買取が期待できます。
中国美術品が入っていた箱も査定には重要ですが、中国の方はあまり箱は表具など気にしない人が多いので、箱がなくても自分で判断せず、専門家に鑑定や査定を依頼してもらいましょう。
また、付属品があった場合でも、捨てずに一緒に鑑定や査定をしてもらうと、紙切れ一枚で値段が跳ね上がることもあるので、おススメです。
業者はどこでもいいわけではありません。
中国美術品の知識がなければ、価値に合った値段で買い取ってもらうことができないからです。
業者によって100万円も違った!などという場合もありますので、業者選びは慎重に行ってください。
また、生前整理で見つかってから売却までは、なるべく最短で行った方が良いでしょう。
骨董品は知識がない一般人が、よい状態を維持したまま保管することは非常に困難です。
劣化が進んでしまったり、ダメージを受けてしまったりすることが大いにあり得ますので、価値が下がってしまう前になるべく早く鑑定をしてもらい、買い取ってもらうことも高額買取のポイントといえます。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ