HOME > お茶道具、仏教美術、作家物、様々な美術品・骨董品についての基本情報 > 押入れに眠っているお宝・骨董品はございませんか?

我が家の押入れにも眠れる「お宝」が?


日本間の標準的な押入れは、寝具に合わせて非常に深い奥行き寸法になっています。
そのため、季節外の生活用品や衣類、さらにはあまり実用的でない古い品をしまっておく場所として利用される例が多いのです。
そして引っ越しの準備や大掃除の際には、押入れの奥のほうから、祖父の代やそれ以前からある古い壺やら掛け軸、陶磁器などのあれこれが発掘されます。
そうした骨董品はたいてい、「おじいちゃんが買ったものだとは聞いているけど…」程度の情報しかなく、正しい骨董的な価値や、売る場合の価格相場などはまるで見当がつかないことがほとんどのはずです。
骨董品の大まかな定義は、「創られて100年以上が経過している、希少価値の高い美術品や手工芸品など」で、たとえば絵画や彫刻、掛け軸、陶磁器、茶道具、仏像、印材や象牙細工などが分かりやすいでしょう。
現代では、自宅に眠っていた骨董品が「お宝」となる鑑定番組が根強い人気を誇っています。
こうした番組では、来歴が明確で、贋作ではないことを鑑定士が確認した品にびっくりするような高値がつくので、「我が家にもお宝になる骨董品があるのでは」と誰もが考えるのです。
しかし、すでに誰のものか分からなくなったような骨董品が押入れから突然出てきたら、一体どうするのが一番良いのでしょうか?

あるべき場所で輝きを取り戻す骨董品


骨董品は、ブランド物のバッグや高級時計とは違います。
骨董品の知識や経験のある鑑定士しか、正しい鑑定で適正な査定はできないので、骨董品の売却は骨董品買い取りの専門店に依頼するのがベストです。
まずは、古美術商などで鑑定してもらい、現在の価格の目安を知りましょう。
その際、自分が想定した価格とは違うことがほとんどですが、思っていた額より高ければ、まだまだ目利きの素人だということであり、逆に安ければ、別の店に鑑定を依頼してみるといいでしょう。
信頼できる骨董品専門店の鑑定士であれば、多少の幅はあっても査定額は同じような価格帯になるでしょう。
プロの骨董品鑑定士が査定した価格は、市場価格と同じと考えてかまいません。
骨董品に造詣が深い人で、できるだけ高値で売りたいという場合は、フリーマケットやオークションに出品するという方法もありますが、額が大きくなるとそれだけ不安も増すものです。
鑑定眼に自信がない方は、骨董品専門店屋での鑑定と査定の依頼をオススメします。
これを機に、骨董品専門店を上手に活用してみてください。

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ