HOME > 遺品の中に真価を見出す骨董品査定

● 遺品の中に真価を見出す骨董品査定

骨董品や調度品、美術工芸品は、温湿度が一定で直射日光の影響を受けない場所で保管するのが理想です。
そのため、こうした品をコレクションして楽しむには、同時にできるだけ良い状態で保管するという努力義務が伴います。
先代に古いものや美術工芸品の収集が趣味だった人がいると、屋根裏、納戸、押入れなどに大量の骨董品が遺されていることがあります。
ところが、普通の住宅の収納スペースでは、雨水や露、紫外線などに当たって劣化や損傷が進んでいることが多いのは残念なことと言わざるを得ません。
日本の伝統建築様式による蔵(土蔵)は、耐火性に優れ、古い文物の保管に適した条件を備えたものです。
しかし、時代とともにこうした蔵も減りつつある今、価値ある文化遺産としての骨董品や古美術品などが散逸する可能性が懸念されています。
蔵などに遺された遺品を処分したり、骨董品コレクションの整理をしたいときは、まずは専門家による鑑定を通して、価値を正しく把握することが重要です。
真に価値ある骨董品は、適正な査定評価を経て必要とする人の手に渡ることで、社会全体の財産となって永遠に引き継がれていくでしょう。

大切にしてきた骨董品を処分する際、骨董品の知識や経験のあるプロの鑑定士でしか正しい買い取り価格の鑑定ができないことがあります。一度、骨董屋で鑑定することをオススメします。

・・・つづきはこちら

蔵の中を整理せずにいると廃棄物として処分されてしまう可能性があります。解体前に、保存してある骨董品などは鑑定をしてみましょう。もしかすると、高額な値がつく品物があるかもしれません。

・・・つづきはこちら

押入れの奥から古い骨董品が発掘されたら、プロによる鑑定と査定を依頼しましょう。適正な評価によって再び市場に流通させることで、眠っていた骨董品は存在価値を発揮するでしょう。

・・・つづきはこちら

遺品の買い取りには膨大な時間と手間はかかりますが、より多くの遺品を少しでも高く買い取ってもらいたいのであれば、直接足を運び、専門店に買い取りをお願いしましょう。

・・・つづきはこちら

故人が収集していた骨董品のコレクションが見つかることがありますが、その時にはプロでもある骨董品屋に相談することをおすすめします。正当に評価してもらうことが大事です。

・・・つづきはこちら

蔵を持っている人の中にはいったい中に何が入っているのか知らない人もいるでしょう。お宝が眠っている可能性もありますので、きちんと確認して、鑑定をしてみてください。

・・・つづきはこちら

骨董品の相続をすることになった場合には、どれくらいの価値があるのかを調べましょう。価値がないケースもあれば、信じられないくらいの高値がつくことも珍しくありません。

・・・つづきはこちら

遺品整理はとても大変な作業としても知られていますが、実際に様々なトラブルが発生しています。骨董品のように価値が分かりにくいものを売る際には不当な価格設定が為されることもあります。

・・・つづきはこちら

生前整理をしていると絵画が見つかり、処分に悩まれている方が多くいます。絵画はデリケートなため、保管が非常に難しく、ダメージがあると買取価格も下がってしまいます。

・・・つづきはこちら

生前整理で見つかった茶道具は買取や査定に出すまえに掃除をしましょう。陶磁器や漆器類はデリケートなため手荒に扱うと傷ついたり、割れてしまいますので気をつけて下さい。

・・・つづきはこちら

生前整理で見つかった茶道具は買取や査定に出すまえに掃除をしましょう。陶磁器や漆器類はデリケートなため手荒に扱うと傷ついたり、割れてしまいますので気をつけて下さい。

・・・つづきはこちら

生前整理で中国美術品が見つかった場合、すぐに買取を依頼するのではなく高額で買取をしてもらうために、年代や品物の状態などのポイントを知ったうえで業者に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理をする人が以前にもまして増えています。西洋美術などは普通のお店では正しく査定できませんから、きちんとしている骨董品屋に査定をしてもらうようにしてください。

・・・つづきはこちら

生前整理をすると様々なものが出てきますが、朝鮮美術が出てくるかもしれません。そのまま引き続き置いておくよりも、骨董品屋に査定をしてもらって売却することも検討したいです。

・・・つづきはこちら

生前整理をすると様々なものが出てきます。書籍や思い出の品が大半かもしれませんが、仏像が出ることもあるでしょう。銅でできていて純金が使われている金銅仏も価値があります。

・・・つづきはこちら

生前整理といえば趣味の物や貴重品などあらゆるものが出てきます。珊瑚や珊瑚を使用したアクセサリーなども見られます。信頼できる骨董品屋で査定などをすることが大事です。

・・・つづきはこちら

生前整理でたまたま象牙が出てきた場合どこに持ち込めばいいのか迷ってしまうと思います。相場を知るためにもプロの骨董品屋に持ち込み鑑定してもらうことをおススメします。

・・・つづきはこちら

生前整理で古代金工が出てきた場合、多くの方は価値を知らずに放置したり廃棄しようとします。もしかすると相場以上の価値で売れることもありますから骨董品屋で鑑定を受けましょう。

・・・つづきはこちら

近年では生前整理をする方も増えています。整理しているときに陶磁器などが出てきた場合は後で家族が揉めないように骨董品屋に持ち込んで相場などを鑑定してもらいましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で仏画が出てきたらまずは骨董品屋に持ち込んで鑑定を受けてみましょう。プロなら相場を把握したうえで正しい価値を算出してくれるでしょうし、概算だけでも知ることができます。

・・・つづきはこちら

生前整理で犀角が見つかった際に処分してしまうことがありますが、高額で買取が可能な場合があります。骨董品は専門知識がなければ本当の値打ちがわからないため、鑑定士に依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で発見した硯は骨董品屋で鑑定し買取をしてもらいましょう。中国の硯は高い値打ちがつくものもありますが、判断がつき難いため専門家でなければ損をする可能性があります。

・・・つづきはこちら

生前整理で見つかった印材は、希少価値が高く高価なものがあります。印材はどれも似たようなデザインに見えるので専門家でなければ判断することができず、適正な価格で買取できないでしょう。

・・・つづきはこちら

金銀の骨董品は素材の価値以上の値打ちがつきます。生前整理で見つかった金銀の骨董品は高価な値段がつくでしょう。買取を望んでいる方はプロの鑑定士に依頼し適正な価格で買取しましょう。

・・・つづきはこちら

遺品整理は死後に整理します。そのため、自分自身で好きなようにできませんが、生前整理は自分で残しておきたいものとそうでないものを選べます。骨董品については専門業者に売却しましょう。

・・・つづきはこちら

芸術作品でもある蒔絵が生前整理をしていると見つかることがあります。蒔絵というのは非常に美しい芸術作品で、漆器に金粉などを用いて絵の模様を描くという最高レベルに綺麗な骨董品です。

・・・つづきはこちら

生前整理を行っていると想定していなかったようなものがでてきます。竹根作品は重要なものだと気付きにくいため、価値が分かる本人が骨董品屋に買い取りをお願いするのがベストです。

・・・つづきはこちら

相続人が遺品整理をする際に骨董品を見つけても、価値があると気づかず捨ててしまうケースがあります。鉄瓶などの骨董品がこの世から存在を消してしまい、収集していた本人も浮かばれません。

・・・つづきはこちら

茶釜をはじめとした骨董品は、本当に好きな収集家が持っている方が喜ばれるでしょう。生前整理をして不要だと感じた際には骨董品屋に査定をしてもらって手放すのも選択肢のひとつです。

・・・つづきはこちら

生前整理をしていると茶器が出てくるかもしれませんが、リサイクルショップなどではなくて、しっかりとした査定を行ってくれる骨董品屋に査定をしてもらい、売却をしましょう。

・・・つづきはこちら

骨董品の中でも、陶器を集める人は多くいます。陶器は、あまり価値がない陶器もあれば、歴史的な価値があるものや、希少価値があるなど高値がつく可能性がある作品もたくさんあります。

・・・つづきはこちら

絵皿の中でも観賞用として作られたものは骨董品として高い価値があります。買取に出す場合も、絵皿の特徴と価値を知っておきましょう。査定の際のポイントもいくつかあります。

・・・つづきはこちら

生前整理で中国の美術品が出てくることがあります。その一つに中国絵画がありますが、著名な作家だとわかれば高い価値がつく可能性があります。骨董品の専門家に査定してもらいましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で骨董品が見つかることがあります。中国陶磁器は偽物が出回っていることが多いため、査定に出す際には骨董品を専門に扱い、専門知識がある人に査定を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で屏風絵が見つかることがありますが、種類や状態によって査定の金額が異なります。また、査定に出す際は骨董品や美術品、芸術品の専門に扱っている業者やお店に査定を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理の場合、価値がわからない古いものが多いですが欄間などは高く売れるものが含まれている可能性があります。生前整理で欄間が見つかった際は、一度査定に出してみてはいかがでしょうか。

・・・つづきはこちら

生前整理で見つかった茶棚は買取に出しましょう。茶棚の希少価値は、他の家具よりも高くなっています。少しでも買取価格をアップさせたい場合は、茶棚のお手入れが必要です。

・・・つづきはこちら

家族の中に華道家がいれば、生前整理の際に花器が見つかるかもしれません。華道に欠かせない花器は、希少価値が高いため、処分するのではなく骨董品店などで買取に出しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で竹籠が見つかることがあります。竹籠にも、有名な作家や、つくり方によっては高額で買取してもらうことができるため、そのまま処分してしまうのはもったいないです。

・・・つづきはこちら

骨董品は古くて希少価値のあるものです。これまで関心がなかった骨董品が生前整理で見つかることも少なくありません。正しく鑑定するために骨董品の専門知識がある業者に鑑定を依頼しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理でマイセンなどの骨董品が出てくることがあります。マイセンは希少価値が高く、買い取りの価格も高い傾向にあります。マイセンの価値がどのように決まるのかについて知っておきましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で鬼瓦などの骨董品が出てくることがあります。希少価値が高く、買い取りに出すと安くて1万円以上、高くて数十万円もします。どの時代に取り付けられていたのかがポイントになります。

・・・つづきはこちら

骨董品のコレクターは、生前整理の際に希少価値が高い品物が出てくることがあります。例えば、書画です。書画は誰が書いたものか、いつの時代のものであるかによって価値が決まります。

・・・つづきはこちら

翡翠は日本だけでなく国外でも需要があり、人気の骨董品です。生前整理で翡翠がみつかった際はプロに正しい価値を判断してもらいましょう。種類や色によって価値が異なります。

・・・つづきはこちら

生前整理で古銭がみつかったときは、骨董品店で価値を判断してもらいましょう。最も価値が高く、高い価格で取引されているのは明治通宝です。状態によっても価値が異なるため注意しましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で琥珀がみつかった際は、骨董品に詳しい専門家にみてもらいましょう。色によって価値が異なります。また、偽物の琥珀が多く出回っているため、専門家に見分けてもらう必要があります。

・・・つづきはこちら

刀装具とは、刀が入っている拵に付属する部品のことをいい、時代の流行によって変化しています。生前整理で刀装具がみつかった場合は、骨董品に詳しい専門家に価値を判断してもらいましょう。

・・・つづきはこちら

生前整理で彫刻作品がみつかる場合があります。彫刻作品のような骨董品は、年代、作品、作家、希少性、市場の動向など様々なポイントが価値を判断する重要な項目になります。

・・・つづきはこちら

生前整理では、集めていた骨董品は鑑定してみると良いでしょう。飾り棚の鑑定は、デザインや色合い、素材や耐久性など、専門知識が必要になるので、骨董品屋で正確にしてもらうようにします。

・・・つづきはこちら

生前整理では、骨董品を処分しようと思っている人もいるでしょう。そんな骨董品の代表的な物の一つが壺です。壺の鑑定では、形や用途、作られた場所や時代など、専門知識が必要になります。

・・・つづきはこちら

生前整理では、和箪笥の一つである薬箪笥がみつかることがあります。薬箪笥とは、小さな引き出しがたくさんあるタンスのことです。現代では、付加価値があり人気も高まっています。

・・・つづきはこちら

生前整理で火鉢がみつかることがありますがどのような方法で処分するべきかわからない人も多いです。本当の価値を判断してもらうために、骨董品屋に鑑定してもらいましょう。

・・・つづきはこちら

骨董品と一言で言っても様々な骨董品がありますが、骨董品の中でも茶碗の世界は奥が深いと言われています。例えば、骨董品の茶碗の中でも有名な信楽焼は、評論家から高く評価されています。

・・・つづきはこちら

骨董品となるくらい価値のある茶杓は、数万円から数十万円という値段になることもあります。茶杓は保存する習慣がなく、数が少ないため、高い価値がつくことも珍しくありません。

・・・つづきはこちら

茶道具と言っても様々な種類がありますが、茶筅を生前整理したいと考えている人もいるでしょう。茶筅は、お茶をたてるための道具となっており、独特な形状をしていて種類や形が豊富です。

・・・つづきはこちら

生前整理で出てきた数ある骨董品の中でも「ガレ」の作品は、高価値なものであり、高値取引が期待されています。生前整理を考えている際には、知識のある骨董品屋で査定をしてもらいましょう。

・・・つづきはこちら

買取一覧商品

買取一覧商品

買取の流れ

よくあるご質問

会社案内

コラム

ブログ

↓買取はこちらから↓お問い合わせ

買取希望及びご相談は、こちらからお受けしております。

店舗案内

東京 日本橋 高島屋さんから50mのお店です。

●お品物のお持込み、出張買取致します。

電話:
03-6225-2575
住所:
東京都中央区 日本橋 2-9-7
メール
kaitori@tenpodo.net
営業時間:
11時~19時
定休日:
不定休(日・祝定休)

※買取は定休日も行っております。(要、事前予約)
※出張しております事が多いので、事前にご一報戴けましたら、幸いです。

  会員一覧
ウサギ